作業者

平板載荷試験で大切な人の命を守れる|安心して暮らすために

安心して住める

男性

ビルなどの建物を建てるには強度のある土地を作らなくてはなりません。そうしなければ、地震が発生した時に命を脅かすことになるので、必ず専門知識が豊富な業者に依頼するべきといえるでしょう。

Read More..

安くする方法

二人のメンズ

地盤調査を安くしたいのであれば、SWS試験というものを試してみるといいでしょう。また、こちらは年々技術が向上しているので、安心して利用することが可能になっています。

Read More..

安心できる

工事

鋼管杭の平均的な価格

地盤改良工法の1種である鋼管杭は狭い地域での施工が可能であることや、地盤を選ばずに施工が可能なため人気の高い地盤改良です。地盤を選ばないとは、例えば、鋼管杭は細い径であることが一般的です。地盤には玉石と呼ばれる大きな径の石が出現することもあります。通常の杭ではこの玉石を避けることができないため、施工できません。しかし、鋼管杭は細い径であるため、石をよけながらの施工が可能となっています。この杭の平均的な価格は1本が50万円程度です。また、鋼で制作されているため地域での鋼材単価の違いによる値段が多少前後しますが、上記に示した値が相場となっています。この金額には工事費も含まれていますが、現実的にはこの80%程度まで金額を下げることが可能です。

地盤改良工法と鋼管杭の特徴

さて、地盤改良工法の一種である鋼管杭は施工面での汎用性が非常に高いことを説明しました。どんな地盤でも施工可能で、また大きな重機を必要としないことから狭い都市部での施工も可能となっています。さらに、鋼管という素材を用いていることから、非常に強度が高い特徴があります。この強度の高さから細い径とすることが可能で、施工性や杭の値段を下げることが可能です。また、鋼管杭は地盤改良と組み合わせた工法も可能です。一般的には鋼管杭で問題ないですが、特殊な地盤状態ではさらに高い強度が求められる場合があります。このとき、地盤改良と鋼管杭を組み合わせた工法を用いて設計を行います。地盤改良のため、コストは比較的安く杭の本数を減らすことが可能です。以上のように、鋼管杭は汎用性が高い杭で人気です。

家族の命を守る

平板載荷試験を行う際は専門知識のある業者に依頼するのがベストです。そして、より腕のいい業者を探したいのであれば、ランキングサイトを参考にするといいでしょう。こちらのサイトでは、上位にアップされているところほど実績があるといえるので、すぐに探すことが可能です。平板載荷試験は家やビルなどを建てる時に必要で、こういった工事をすることで安全に暮らすことができるようになるでしょう。家族を守ることにも繋がるので、この作業は必ず行うようにするべきです。

業者の探し方

背広の男性

余っている土地を利用しようと考えているのなら、地盤調査をするといいでしょう。これは、土地の強度をアップする工事なので、ウェブサイトの比較サイで最適な業者を探すのがベストです。

Read More..