男性

平板載荷試験で大切な人の命を守れる|安心して暮らすために

安心して住める

男性

地盤強度と改良について

ビルなどの構造物を建築する際には、それを支えるだけの、十分な地盤の強度が必要になります。地盤の強度が不十分だと、建築物が倒壊する危険がありますし、周囲に被害を及ぼす可能性もあるからです。地盤の強度というものは、その土地の成り立ちによって既に決まっているものです。しかし、地盤改良によって、強度を向上させることで、建築に適した土地にすることもできるのです。地盤改良によって得られる強度は、高いに越したことはありませんが、強度を高めるほど、それに要する費用も増えることになります。そこで、具体的な建築物に適した強度を得るように調整する必要があるのですが、費用としては、全建築費用の数パーセントくらいとなるのです。

地盤強度の調整方法について

地盤改良の従来の方法としては、付き固めが主流でした。木造低層建築では、これでも十分なのですが、中層建築以上では、十分な強度を得ることができません。そこで、近年では、地盤を掘り起こして、その土にコンクリートなどを混ぜて埋めなおす方法がとられるようになって来ました。これなら強度向上としては望ましいのですが、施工範囲が広くなるので、それだけお金もかかります。そこで、新たな地盤改良の方法として、部分的に手を加えるほう方が現れてきました。具体的には、建築物を支えるのに十分な本数のコンクリートの柱を埋め込む、などです。これなら施工範囲が限定されるので、費用も抑えることができます。これらの方法を適切に選択することが大切なのです。